to R mansion blog site
 to R mansionとは、作品ごとに出演者、アーティストが集まる「とあるマンション」という意味のパントマイムをベースとしたパフォーマンスユニット。
 劇場、ストリート、学校などで場に応じた作品を創り、幅広い世代に向けて発表。
 「子どもによる 子どものための マイムプロジェクト」として子どもや親子を対象に身体表現遊びから作品を創るワークショップを展開中。

ホームページはこちら
http://tormansion.com/
entries
recent comments
categories
archives
links
profile
others
Search this site.
過去公演情報
公演情報
リンクバナー




11
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
youtubeにアビニョンでのto R を見つけました!!
Offのダイジェスト映像のようですが、トップを飾ってま〜す!
わーい。 ちらっとto R mansion!
フランスの風を感じていただければ幸いです。

| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |
 

「面白かったから、今日は弟連れてきた。」

と、ケバブ屋の兄妹がまた観に来てくれました。

2人兄妹じゃなかった!!

アビニョンでは子どもだけで毎回観に来てくれる子達が何人かいます。

その子たちが、私たちが準備してる時にまってる姿の可愛いこと!

to Rをみて、素敵な大人になりなさい。

かまこ


| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |



一昨日、5ステを終えた後、0時を回ったアビニョンで、
持ち帰れる晩ご飯を探しに探していた時のこと。(もちろん衣装は来たままでございます)

路地に「ケバブ」の看板をみつけて飛び込むと、
8才くらいの妹さんと、12才くらいのお兄ちゃんが店番をしていました。
ケバブを頼んで、ほっとしていると、妹さんが
「今日ステージみたよ」と話しかけてくれました。

兄妹は、一緒に大道芸を見に出かけて、to R mansionをみてくれたんだそうです。
「面白かったよ」
「明日もやるの?」
「いつまでいるの?」

「あさっては違う演目もやるから、また見に来てね!」
などなどお話していると、奥からお父さんとおぼしきご主人がケバブを手に出てきて
一言「君たち、よかったよ」(親指を立てて)
そしてまたケバブ作りに奥へ消えて行きました。

帰り道、疲れてお腹すいてもう足も棒でしたが、元気になって帰りました。

そして今日!
1回目のパフォーマンスを終えて、荷物番で休憩中、
あの兄妹が走ってきてわたしにひとこと「今日はもう終わっちゃった?」

また来てくれた〜!!

お店番を抜けてきてくれたんだろうな。夜の2時まで休み無しでやっているお店だそうで、
本当に働き者の兄妹です。

アビニョンの仲良し兄妹、本当にありがとうね。

かよ









 
| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |
 

今日も大道芸。今日は革命記念日で相当の人出があるとのこと。
わくわくしてでかけたものの、
いつもやってる場所にステージがくまれてて、狭くなってる上に、
サウンドチェックがはじまるとやらで、2ステージしかできませんでした。
うぅ、、残念。

でも今日お客様に言われて嬉しかった言葉。

「あなたたちのパフォーマンスは、喜びにあふれてる!!!」

涙がぶわっとなりました。
私が数々舞台にでたり、パフォーマンスをしてきて、
一番言われたかった言葉かもしれません。

そして片付けしてると、5才くらいの小さな女の子がよってきて、
首に手をからませて、ほっぺにちゅっとしてくれて、
なんともかわいい笑顔をみせて、「メルシー」といってかけて行ってしまいました。
また、涙がぶわっ。


涙腺がこわれそうな、本当に幸せな日でした。

merci .(ありがとう。)

はなび


| アビニョン演劇祭日記 | comments(1) | - | to R mansion |
 

今日、子どもにかんちょうされました。


この国にも、かんちょうってあるんすね。


まるもったん
| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |
 

今日、パンツこがしました。
部屋が、こげたにおいで充満しました。

ブルーです。


どうやってこげたかは、


内緒です。


すーたん
| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |
 

日がたつごとに、一日が過ぎるのがあっというまで焦って参りました。

フランス人は食事に時間をかけると申しますが、
to R mansionは大道芸人さん達の順番待ちの間に
交代で食事に出かけ、速飯でございます。



「マドモアゼール!!焼いた豚を頼んだだけなのに、
なんでこんなに待たせるの〜〜〜!!!」

かまこ

| アビニョン演劇祭日記 | comments(0) | - | to R mansion |
 

昨日は日曜日。アビニョンの人出も多し!!
ということで、ルパンのリベンジをする為に、再度シネマレースをひっさげて
広場へ!

15時〜夜中0時すぎまで5ステージやりました。
限界に挑戦!!

だけどシネマレースは、今年のさいたま大道芸フェスティバルで初日をむかえてから、
さすがに凄い数の本番をやってきただけあって、
ほぼブレなし!!

そして毎回ぐるり300人以上のお客様に囲まれて、大盛り上がり!

「日本人が広場で面白いパフォーマンスをやってるってウワサを聞いたから来た」
とお客様から言われることも増えてきて、
なんと毎日来てくれる常連の方もちらほらできてきました。

「ブラボー!!」
「トレビアーン!!」
と座ってたのに、スタンディングでカーテンコールして下さる方も大勢。

みんな本当にいい顔で観てくれてて、毎回終わったあとおじぎして顔あげると
涙がぶわっとなります。

そして感想を言いに来て下さるお客様の数が、日本人より多い!
これがまた嬉しい!

「これがスペクタクルね!!」
「今までみたものの中で、あなた達が一番良かったわ!!」
「劇場ではやってないの?来年もまた来てね!!」
「僕はきみたちのやってる映画は全部観たよ!!
すごく良かった!!」

「あれはナウシカだよね!?素晴らしい!!」とのマニアックな方も。

良かった〜〜〜〜。

今日は朝からメリーポピンズやロッキーの稽古。

明日は祝日。最高潮の人出らしい。
そこでお披露目!!

頑張ります!そして来年、大道芸とシアターと両方やれることが目標!!

残り1週間。わずか1週間。されど1週間。

パフォーマンスして、できるだけ舞台をいっぱい観て、
できるだけ多くのお客様に出会って、次につながりますように!

さ!今日もいってきます。

はなび


| アビニョン演劇祭日記 | comments(4) | - | to R mansion |
 

一人、異様に蚊にさされてるはなびです。ボリボリ。
かよさんに「フランスにも蚊はいるの?」って聞いたら
「いないよ〜〜」
って言ったのに〜〜。虫除けも虫さされの薬もなんにも持って来てない!!

そしたらめちゃめちゃさされた・・・。
かゆいよ〜。ボリボリ。


さて、「tetetete ten minutes 」をやってみました。
それが!「シネマレース」の盛り上がりに比べて、もの凄い残念な感じに・・・。

ベースが「ルパン3世」のアニメっていうのもあるからみんな知らないし、
ジェットコースターはフランスに馴染みがないみたいで、
もう観てる人、ついてきてない人の方が大多数だね!!っていう感満載で、、、

シネマのシリーズは「映画」ってことでフランスのお客様と下地で
共有できてる部分も多い。

にしても、絶対共有してる部分がないと楽しませられないのかっていうと
そんなことはない!!と思う。

からもの凄いショックでした。。。悔しいやら、悲しいやら。。

でもやっぱり、「tetetete ten minutes」はテンポもめちゃくちゃ早いし、
いっきに駆け抜ける感じだから、
もっともっと、ひとつひとつのシーンの見せ場や緩急を、
もっとちゃんと創らないとだめなんだろうなぁ。。
と思い。

うすうす思ってたことだけど、フランスのお客様がシビアに教えてくれました。
メルシー!

ふくやまとシアターカイでやった「tetetete ten minutes」は封印!!
一回壊して創り直し!!!!

知らない人も楽しめるものでないとだめや!!


だけどフランスいる間に作り直しは間にあわないので、帰ってからつくりなおします。

ETやメリーポピンズ、ロッキーのシリーズの映画パラダイスを
再構成して、カラフル衣装でやってみよう。

レッツ お稽古!!ぼりぼり。


はなび


| アビニョン演劇祭日記 | comments(1) | - | to R mansion |
 
今日は、アビニョンのアパルトマンからアビニョン郊外へお引っ越し。
アパルトマンの大家さんご夫婦には、日本からもってきた
ちりめんの風呂敷をプレゼントしつつ、
「来年も来るからよろしくね!!」と、ごますりしました!

「これどうやって使うの?こうするの?」と
頭にかぶろうとしたのを慌ててとめつつ、来年は戻ってくることを
心にぎゅっと誓いました。

この週末から、アビニョン演劇祭は急に人が増えてきました!
夜中の0時を回っても、私たちがパフォーマンスした時計台広場には
大道芸人さんを囲んで、午後を上回るひとだかり!

さあ、明日はわたくしも、
夜のアビニョンでパフォーマンスデビューできるのか?!
郊外は遠いぞ!バス通いだぞ!
どうなることやら〜

かよ



| アビニョン演劇祭日記 | comments(1) | - | to R mansion |