to R mansion blog site
 to R mansionとは、作品ごとに出演者、アーティストが集まる「とあるマンション」という意味のパントマイムをベースとしたパフォーマンスユニット。
 劇場、ストリート、学校などで場に応じた作品を創り、幅広い世代に向けて発表。
 「子どもによる 子どものための マイムプロジェクト」として子どもや親子を対象に身体表現遊びから作品を創るワークショップを展開中。

ホームページはこちら
http://tormansion.com/
entries
recent comments
categories
archives
links
profile
others
Search this site.
過去公演情報
公演情報
リンクバナー




08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
  
「to R mansion」を応援してくださっている皆様へ
 
「to R mansion」所属事務所代表の熊手と申します。
皆様には、いつも「to R mansion」を応援していただき、誠にありがとうございます。
昨日、上野恩賜公園にて行われた「to R mansion」のヘブンアーティスト活動中に、メンバーの動きに驚いたお子様が、走り出し、転倒され、泣き出してしまったというアクシデントが起こりました。
転倒されたお子様、その親御様、そしてご覧いただいていたお客様皆さま、ご気分を害されたことでしょう、誠に申し訳ございませんでした。
所属事務所代表として、深くお詫び申し上げます。
 
メンバーの話によりますと、ショーの開始前に、お客様と様々なコミュニケーションを取る時間があるのですが、その際に起こったことで、転倒されたお子様に、大きな怪我が見当たらなかったこと、親御様の顔を見たところ、笑顔で大丈夫という合図をいただけたこと、他メンバーもお客様皆さまにパフォーマンスエリアのセンターでお詫びしたこと、転倒されたお子様と親御様が立ち去られる時も、メンバーが手を振ってお見送りできたことなどから、現場では、お許しいただけたと解釈し、ショーをスタートさせ、最後まで演じさせていただいたとのことです。
 
現場でのメンバーによる判断には、様々なご意見があると存じますが、所属事務所としては、転倒されたお子様と親御様、そしてご覧になっていた全ての皆様に、起こってはならないことを起こしてしまったという事をお詫び申し上げる次第です。
誠に申し訳ございませんでした。
 
また、メンバーからは、すぐにブログ等でお詫びのコメントをアップしたいと申し出がありましたが、私の判断で、事情を全て検証した上で、まずは、責任者である私が正式なコメントをアップすることとさせていただきました。
その点もご了承ください。
メンバーからのコメントは後ほどお伝えさせていただきます。
 
今後はこのような事がなきよう、メンバー、スタッフ一同、万全を期して皆様に楽しんでいただけるショーを創って行こうと思います。
どうか、今後とも「to R mansion」を応援していただきたく、お願い申し上げます。
 
この度は、皆様に不愉快な思いをさせてしまい、また、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
 
平成24年4月23日(月)

株式会社ブレインズアンドアーツ
代表取締役
プロデューサー
熊手和宏

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | to R mansion |






風の強い一日でしたが、寒空の中最後までご覧頂き、
ありがとうございました!
明日も元気で参ります〜!!
応援よろしくお願いいたしま〜す。

明日ももしかすると本日と同じけやき広場2Fかもしれませんし、予定表どおりのプラザ1Fかもしれません。お手数ですが、詳しくは関係スタッフの方にご確認ください。
風が強いと本当に寒いですから、寒さ対策に気をつけていらしてください。

| その他 | comments(3) | - | to R mansion |
練馬区の小中学校で使われる教材ビデオに、
メンバー全員出演することになり、その撮影の模様をお届けします。

「エコ サイコロを念入りに確認」


エコライフチェックシートを持って「はっはっはっはっーー!!!!」


「エコライフチェック中」



「エコライフ 頑張ろー!!」


| その他 | comments(2) | - | to R mansion |
 本日(09/03[月])、東京都庁(新宿)都民広場において、第7回ヘブンアーティスト公開審査会パフォーマンス部門に参加致しました。
 ホームページでの告知が間に合わず、ブログのみで告知させて頂きました。ホームページをご覧いただいた方々には、ご不便をおかけしまして申し訳ございませんでした。

第7回ヘブンアーティスト公開審査会パフォーマンス部門
 日時 2007/09/03(月) 15:55〜16:15
 場所 東京都庁 都民広場
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/heavenartist/

 平日にも関わらず、沢山の方々にご覧いただき、本当にありがとうございました。








| その他 | comments(2) | - | to R mansion |
「UKIYOE」公演スタッフ海老蔵さんよりインタビューを受け、to Rブログでも
ご紹介します。(リンクから浮世絵ブログにもジャンプできますが)

1 自己紹介をお願いします。
今回群舞振付け担当to R mansion主宰の上ノ空はなびと申します。この芸名は関西で所属していた上海太郎舞踏公司の座長・上海太郎氏からつけて頂きました。「名は体を表す。」どうぞよろしくお願いします。

2 今までどのような活動をされていたのでしょうか?
小学校講師勤務を経て、舞台における身体の創造性に魅せられてこの世界に飛び込みました。上海太郎舞踏公司に入団し、解体後上京し、マイムをベースとしたパフォーマンスユニットto Rmansionを結成しました。
振付け、出演の他、「子どもによる子どものためのマイムプロジェクト」として劇場や学校に赴き、子どもや親子を対象としたワークショップも行っています。
to R mansionの詳細は
http://to-r-m.hp.infoseek.co.jp/index.html
をご覧下さい。庄崎さん、榎本さん、酒井さんと共に創った公演写真などもアップしています。

3 今回の公演について、思うことをお聞かせください。
庄崎さんから北斎のUKIYOEを舞台でやると聞いた時、「これはただごとではないな。」と思いました。画狂老人北斎の絵、人物像は凄まじいほどのエネルギーと恐ろしい迫力にみなぎっています。
私たちも今回はいつもの作風とガラリと変え、挑戦につぐ挑戦のパフォーマンスでぶつけています。
出演者をはじめスタッフ側も鬼気迫る勢いで舞台創造に挑んでいるのは一重に北斎という人物像あってのもの。ただごとではありません。ぜひ劇場でその迫力を体感して下さい。
お客様と舞台を通して共有できる時間を本当に楽しみにしています。
その日まで挑戦し続けたいと思います。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | to R mansion |